掃除機なしで部屋をきれいにするための総合情報サイト

>

掃除道具選びからあなたの部屋の掃除までを全面サポート

この記事をシェアする

掃除機なしの掃除のメリットとデメリット

ほうきやフローリングワイパーで掃除をするときのデメリットは、コーヒーのような粉をこぼしたときとかガラスの食器を割ってしまった時ですね。ほうきやフローリングワイパーで掃除をしても、さすがにまだ細かい破片が残っているのではないかと不安が残ります。

そうしたハプニングを除けばほとんどの場合ほうきとフローリングワイパーで部屋の掃除は十分ですね。

最近の掃除機はコードレスのものもありますが、いずれにせよ掃除機を押し入れの中とかから出してきて、さあこれから掃除を始めるぞと気を新たにしないといけません。その点ほうきやフローリングワイパーでしたら、思いついたらさっとほうきやフローリングワイパーに手を伸ばすだけです。部屋の片隅に置いておくこともできます。

掃除機なしで掃除をするコツ

掃除機なしでほうきで部屋を掃除するときには、まずはたきで部屋全体の埃を落とします。次にほうきで部屋の床を掃除します。その時の気分で最後に雑巾で水拭きをするとよいでしょう。これだけでさわやか感のある掃除ができます。雑巾がけをすると掃除機だけでは味わえないさわやか感があります。

それに掃除機が噴出する嫌な臭いもありません。絨毯もふかふかするような厚手のものになるとほうきではうまく掃除ができませんが、カーペット程度でしたらほうきで十分に掃除ができます。とにかく音がしませんから深夜に思いついて掃除を始めてもご近所に迷惑をかけることもありませんね。ストレス解消に深夜に掃除などという人もいるくらいです。ほうきも使い込むと愛着が出てきます。