掃除機なしで部屋をきれいにするための総合情報サイト

>

豊富な情報に振り回されないためのコツ

この記事をシェアする

エコ生活の象徴としてのほうき

この現代の技術の時代にほうきで掃除をするなどというのは、原始時代に帰るような印象を持つ人もいるかもしれませんね。でも見方によっては最先端のコンセプトと言えるエコ生活の象徴とも言えます。

ほうきとはたきでしたら、無駄なものは何もありません。何も無駄には捨てていないのです。ごみ袋も捨てませんね。もちろん無駄に電気も使ってはいません。そして何よりも、忙しい現代に掃除機の騒音もなく静かに自分ではたきをかけほうきで掃除をしていると心が落ち着きます。

禅のお坊さんなどは、ほうきで掃除をしていてその音を聞いているときに悟ったというような話もあります。深夜に一人でご近所のことを気遣うこともなく部屋にはたきをかけてほうきで掃除をするというのは現代の最良のストレス解消の手段と言えるのかもしれません。

ほうきの豆知識

ほうきは日本でも西洋でも古くからあります。西洋では魔女がまたいで空を飛ぶのもほうきです。日本においてもほうきは魂を掃き清めるとか邪をほうきで払うという意味でも言われています。ですから神聖な道具とも言えますね。地方によってはほうきに神様が宿るという信仰が残っているところもあります。妊婦の枕元にほうきを立てて安産を祈る習慣の残っているところもあります。

名古屋もそうでしたが、長居の客に早く帰ってもらいたい時にはほうきを家のどこかにさかさまに立てかけておくと、客が早く帰るという信仰のある地方もあります。

ほうきはこうして魔女の信仰があったり神聖な神様が宿ったりという信仰がありますから、ほとんどの地方でほうきをまたいだり踏みつけたりするとバチが当たるという信仰があります。